空き地の活用はトランクルーム!
2017.06.22

段ボール日々生活していて、「あの空き地ずっと空いたままだなぁ、店ができたりしないのかなぁ」、「空き地が増えてきて寂しいなぁ、誰か有効活用すれば良いのに」と思う事はありませんでしょうか。空き地はその名前の通り、何もない土地です。農地でもなければ宅地でもない、挙句の果てには雑草が伸びてしまう、なんと悲しいことでしょうか。近年そんな空き地に対して新たな有効活用方法が見出されるようになってきました。それがトランクルームです。
トランクルームは個人のお家で置ききれない物を置いておくだけでなく、その空間の中で趣味を楽しむためにも使われるようになってきました。使い方が多様化し人気も高まるにつれ、ただ存在するだけだった無駄な空き地もこのトランクルームへと変化する傾向が見られます。空き地のこの活用方法は、私たちの生活にもゆとりを与えてくれることでしょう。また、空き地を所有している方向けにトランクルームを設置する業者も増えており、新たなビジネスモデルとしても注目を集めるようになりました。
似たような例で言えば空き地をアパートやマンションにするといった例もありますが、これは初期費用が高額になるだけでなく、ランニングコスト(維持費)も多額になることが懸念点です。もちろん一概には言えませんが、「アパート経営をするよりはトランクルーム経営をした方が良いな」と判断する方も増えており、このトランクルーム業界はこれからも広がりを見せそうです。
トランクルームの設置にあたっては、前述のような業者が設計からコンテナ等の運搬から設置までを一括して行ってくれるプランが存在します。はたまた、運営までも行ってくれる業者もあり、空き地さえ用意できれば手軽に始められるというのがトランクルームビジネスの良さでしょう。空き地を所有している方は、その空き地の活用方法を悩んでいることと思います。そのまま放置しておくのももったいないと考えていらっしゃるでしょう。そんな方にこそ、トランクルームとしての活用を検討していただければと思います。
また、空き地を所有していない方でも、上述のように業者等のサポートを得ながらビジネスを始めることは可能です。トランクルームの仕組みは、アパート等の経営と違って至ってシンプルです。参入障壁も他のビジネスに比べれば低いと言えるのではないでしょうか。もし、荷物の置き場所に困っているという方は、自身でトランクルームを経営し、その空いた部分を自分用に好きなだけ使うのも良いかもしれませんね。

▲ ページトップへ